カードローンの即日融資について

資金の借入手段には、いくつか種類が存在します。
たとえば、消費者金融などが提供するキャッシングサービスと、
銀行などが提供するカードローンサービスがあります。
両者にはそれぞれ、メリットとデメリットが存在するため、
サービス内容の比較検討を十分に行う必要があります。

どちらのサービスをご利用になる場合にも、原則として業者による
審査を通過しなければなりません。
キャッシングサービスとカードローンサービスを比較する際、
審査の基準が一つのポイントとされています。

銀行カードローンの方が審査厳しいと言われているが

通常、後者のサービスの審査内容の方が、厳格とされています。
この点は、一見するとデメリットの様に感じるかもしれません。
しかし、審査基準が厳格であるということは、
それだけ融資に真剣とも考えられます。
利用者の返済能力をしっかりと確かめた上で、融資を行うつもりなのです。
無茶な貸出を行わないため、安心してご利用になれるのではないでしょうか。

借入サービスの選定の際、金利を重要視される方が多いですが、
信頼できる業者であるかも重要なポイントとなるのです。
また、この厳しいという点は同業の違う金融機関と比べた場合
どちらかといえば厳しいというだけであり普通の人にとってはあまり
気にする必要もない程度の審査と言えます。

様々なローンはありますが個人の小額融資でどこを選ぶべきか
と検討をしているのであれば銀行系カードローンlaboが参考になると
思いますが他のローンを選ぶのであれば先に銀行カードローンを検討した
ほうが良いと言えるくらいです。

即日融資も一般化されつつある

ところで、即日融資といえば以前は、消費者金融に代表されるサービスでした。
しかし近年、カードローンサービスでも、即日融資を実施しているところが増えています。
そもそも即日融資とは、業者への申し込みから実際の借入までを、
その日のうちに行うことです。

即日融資が可能となったため、より便利なサービスとしてご利用になれます。
カードローンでも増えてきているのはなぜか?という点に明確な答えをここで
述べることは正直わかりませんのでできませんがそれだけ求められているサービス
なのかもしれません。

カードローンのすべて、若しくはほとんどが即日融資に対応した場合、消費者金融の
役割はなくなってしまうのではないかとも思えてしまいますね。その反面、競合同士
相手がサービス改善をしてきたら、それに伴い改善を加えないと生き残れません。
ですから、ぎりぎりのラインで消費者が有利になる改善を加えるとも言えますね。
ただ、大元の総量規制の緩和なども検討されているのでもしかすると2極化するかもしれません。

今銀行カードローンと消費者金融はユーザー層が似ていると思います。
アメリカでサブプライムローン問題とも騒がれましたがアメリカや他国の融資などを見ると
良くも悪くも低所得者の方に融資をする為の商品というのがはっきりとしている気がします。
2度言いますが、この低所得者の方向けに消費者金融、高所得者ともいえないがそこそこの
所得がある方がカードローン。という感じになったりする?完全に妄想ですけど。

これって悪いかどうかと問われると、当然いい面悪い面があると思います。
い面としては、本当に悪い業者を利用する前にある程度信頼度が高い消費者金融が
そういった方々の受け皿になる。といったところでしょうか。

キャッシング情報

コラム